5月14日(土) シリーズ今日は何の日!種痘記念日

最新&過去の「何の日」記事はこちら→【エブリデイパラダイス「シリーズ今日は何の日!」】


5月14日(土) 種痘記念日

1796(寛政8)年5月14日にイギリスの医学者エドワード・ジェンナーが世界で始めて種痘の接種をおこないました。この出来事にちなんだ今日は種痘記念日。

「種痘」というのは天然痘の予防接種のこと。いまや過去のものとなっている天然痘という病気は、高熱に加えて全身に化膿性の発疹ができ、感染力が高く致死率が高い病気として恐れられていました。

ある時、ジェンナーは牛痘(良性の牛の伝染病で人へも感染するが重症化はしない)にかかると天然痘にはかからないことを聞いて研究を始めます。

そして1796年5月14日、牛痘にかかった女性の手の水疱からとった膿を近所に住んでいた8歳の男の子の腕に接種し、結果は成功。そこからこの方法が認められるまでに時間はかかったものの種痘が登場してから184年後の1980(昭和55)年、世界保健機構によって「天然痘根絶宣言」がおこなわれ、人類と天然痘との戦いが終わりを迎えました。

新型コロナウイルスのワクチン接種も4回目が話題にのぼるようになっていますが、今年のゴールデンウィークは3年ぶりに緊急事態宣言なしの大型連休となりましたね。このまま、新型コロナウイルスとの戦いにも勝利したいものですね。

今日はその他、「斎藤茂吉記念日」「けん玉の日」「温度計の日」など。

明日もおたのしみに~。